株式会社名古屋美術倶楽部では、地元を中心とした鋭意ご活躍中の次代を担う先生方の発表の場として、また愛好家の皆様にお楽しみいただける美術展として「名美アートアリウム 青美展」を開催いたします。80名に及ぶ日本画・陶芸・工芸作家に出品いただき、特別価格にて展示即売いたします。

 「青美展」は昭和60年頃開催していた同様の企画展です。伝統ある名称に「名美アートアリウム」を付け加え、新企画として復活させたものです。当時、日本美術院の重鎮であられた奥村土牛先生に題字をお書き頂いており、その題字をロゴマークとしても活用しております。
 「アリウム」は arium、ラテン語を語源とし、プラネタリウムやアクアリウムのように「~に関する空間」という意味があります。art-arium という言葉は本展覧会を企画する中で生まれた造語です。まだ誰も使ったことのない言葉と歴史ある名称を併せることで、伝統を意識しながら前へ進み続ける作家たちが創りだすアートをご覧頂ける展覧会として名付けました。

 ご来場の程、お待ち申し上げております。

  • 日 程  2021年10月29日(金)~31日(日)
  • 時 間  午前10時~午後5時
  • 場 所  名古屋美術倶楽部 2階

【早助千晴・深見文紀】 作品販売について

購入ご希望のお問い合わせをいただいております。つきましては密の回避も考慮し抽選販売とさせて頂きます。
10月29日(金) 10時20分までに作品をご覧いただき、指定用紙にご希望の商品番号とお名前を記して抽選箱へお入れください。なお、ご購入後一年間はオークションによる転売行為をご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

 

【日本酒テイスティング】企画内容変更のお知らせ

10月31日(日)開催予定の「日本酒テイスティング」は、感染症予防の見地からお酒のご提供(テイスティング)を見送りさせていただくことに致しました。
楽しみにして下さっていたお客様には心よりお詫び致しますと共に、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
尚、お酒を実際に味わっていただくことは出来ませんが、お酒マイスターによる酒器と日本酒にまつわるお話やアドバイスを、随時会場で繰り広げます(無料)
是非ともこの機会に、ご自身のお好みの酒器とお酒とのマッチング、また未知の味わいを求めてなど、愉しみを広げる場にしていただけたらと願っております。
限定的にはなりますが、どうぞ新しい試みにご期待いただき、お誘いあわせの上ご来場下さいますようお願い申し上げます。

 

《呈茶席》
・開催日 毎日
 出品作家の作品を用いて一服差し上げます

《酒器で変わる日本酒の味わい》
・開催日 10月31日(日)正午~午後4時
 お酒マイスターによる酒器と日本酒にまつわるお話
 講師(お酒マイスター):後藤大果氏(ごとう屋若主人)

*お知らせ*
緊急事態宣言、まん延防止等重点措置を考慮し、催事の中止・内容を変更する場合がございます。
お出掛けの前にこのページをご覧になるか、お電話でご確認ください。

電話 052-241-4356(代)

 

 

主催:名古屋美術倶楽部
052-241-4356(代表)