金沢 平寿商店
hirajyuu's homepage
代表 平澤 宜正
石川県金沢市下近江町3

076−221−0821








金沢にて茶道具商を営んでおります。
さび道具を中心に取り扱っておりますので、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

≪沿革≫
初代平栗屋小平、天保の頃、道具商を営む。
二代平栗屋寿助、加賀藩細工頭の武田友月に仕えた。「慶應二年稲荷講道具屋平栗屋寿助」と記された町会所発行の鑑札が残る。
三代喜三郎、金沢美術倶楽部設立に尽力。大阪の戸田露綏をして「加陽の同業平寿という老翁、目利者にして奇人也。名器出ずれば千金をいとわず。また超然として不売。其頃京阪に類を見ず。一家風を為せり。」と称された数寄者であった。

四代駒四郎、金沢美術倶楽部設立時の監査役を務める。
五代喜六、戦後、日本中の数寄者と親交。井戸茶碗「筒井筒」等、数多の名品を扱った。
現在、六代寿を経て、七代宜正が家業に従事。